FC2ブログ
THE 麺職人 2.0
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
釣れ過ぎ注意!
行ってきましたジギング。松山の西岡遊魚で。笠岡渡船のカズ船長達と9人で。当初の予定はブリ狙いだったのが、タチウオ・サワラ・ハマチ狙いに変更になった。

8時半出船でまずはタチウオ・サワラから。潮はあまり良くないものの、始まってすぐ皆釣れだして好調なスタートでした。

しかもタチウオの当たりは一向にやむことなく、絶えずみんな竿がシナッテた。

人間贅沢なもので、釣れたら釣れたですぐに飽きてきて今度はキャスティングからの横引きでのサワラ狙いになった。どうもこの日サワラは回遊してなかったのかまったく当たりがなく、30~35センチ程のワカナ(ブリの幼魚)ばかりが釣れだした。

ワカナも飽きてきたころに今度はタチウオが超入れ食いモードに入って、タチウオを釣らないようにすることができないほどになった。大ベテランの船長ですらここまでの活性は滅多にないっていうほど、ホントに凄まじかった。

持って帰っても困るので釣ってもリリースしてた。
それで最後にハマチを狙うために場所を変えて、大本命の青物(ハマチ)のジギング!

タチウオの大爆釣でダラケてた雰囲気もしまって、みんな一気に集中力が上がってた。

ただなかなか当たりすらなくどんどん場替えをするうちに、ついに船長がハマチの魚影をキャッチ!ベイトを追ってるハマチを5~6匹発見のアナウンスが!

一気にテンションが上がってみんな我先にとシャクリまくり、そしてついに僕のロッドにズドンッという当たりが!ヒット!

その刹那ドラグが出まくり、ロットも満月のようにグングンしなった。巻いても巻いてもラインは出て行くばかりでなかなか上がってこなかった。

しばらくやりとりするうちにようやく海面までハマチが浮いてきた。しかし流石は青物。海面に来るとまた一気に走り出してドラグが止まらなくなった。

むこうも疲れたのか、やっと浮いてきたところをすかさず船長がスクッってくてれ取り込めた。体長約65センチのハマチだった。

その後、日没まで船長もねばってくれたおかげで船中でハマチを2本釣り上げることができた。


最終的に船中でハマチ3本、ワカナ20~30本、タチウオ約300本以上(計測不能)。結論、西岡遊魚の船長はスゴイ。たぶん今日誰がやってもこのくらいの釣果は上がってると思う。そのくらいポイントや潮を知り尽くしてる。来年の年末の予約が入ってるっていうのも納得できる。

11月の予約も楽しみ。
スポンサーサイト



テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
またまた有難う
太刀魚有難う、旨かったで。
今度は青物よろしく(笑)
2006/09/30(土) 15:56:37 | URL | Izzy #-[ 編集]
最高!
タチウオおいしかった?よかった。

ハマチは最高に旨かった。腹に脂が乗ってパンパンだったから旨いだろうなあと思ってたけど、想像以上だった。

やっぱ天然が一番。今度はIzzyさんも行こうや。
2006/09/30(土) 17:21:16 | URL | 麺職人 #-[ 編集]
いいな~~~
1週間でこんなに違う、、、、
まあ、日本ではジギング、カブラ、ナブラ打ち のすべて経験出来たから良しとしよう、あんま贅沢はよくないね。次回の日本ツアーに向け、こっちでジギング、カブラ、練習しよっと!

きのう釣りのお誘いがあってサメ多数、スマガツオ(10キロぐらい)少しを釣りました。日曜にタタキパーティーを開催予定。

2006/09/30(土) 17:39:52 | URL | 敬介 #-[ 編集]
100倍
敬介といった時より100倍面白かった。違うのは船長の腕。

そっちの”サメ多数、スマガツオ(10キロぐらい)”の方が断然すごいと思うんじゃけど。
2006/09/30(土) 17:50:10 | URL | 麺職人 #-[ 編集]
すっげ~
麺職人さん。

久しぶりに景気のえ~話を聞きました。
数えれないほど釣れるとは・・・

羨ましい~。
今度は連絡ください。
取りにいきますから~!!(爆)
2006/10/01(日) 15:18:48 | URL | mebaru #-[ 編集]
船長のおかげ
mebaruさん、すべて船長のおかげですよ。

しかし今までの人生で一番釣れた日でした。ただあまりにも釣れると面白みは減りますね。

何事も中庸が一番ですね。
2006/10/01(日) 22:27:55 | URL | 麺職人 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.